本文へジャンプ
     
Sweet Rain のAUDIO

はっきり言って、オーディオには疎いです。
だから、好みの音かそうでないか、疲れるか疲れないか、だけで選びました。
予算等の関係もあり、最高級のオーディオ装置ではないのも確かです。 
でも、来てくださる方のほとんどが「いい音だね」と褒めてくださいます。
そういう意味では「自慢の装置」なのかもしれません。

 
 








 スピーカー  JBL4341 スタジオモニター

JBLの43シリーズばかりを取り扱っている、「ケンリックサウンド」さんで購入しました。

夏の暑い日、初めて降り立った「長原」という駅からテクテク歩き、ケンリックサウンドのショールームへ。
その時試聴したスピーカーの中で際立つ音を放ってくれたのが、この4341でした。
その前にも秋葉原のオーディオショップ等でいろいろ試聴していたのですが、どれもピンと来るものがなく途方に暮れていたところだったので、こんな素敵な巡り会いがあるなんて、と感激しました。

納入の様子が、ケンリックサウンド店長細井さんのブログにあります。


その後起きた水の事故で、このスピーカーも少しダメージを受けましたが、ケンリックさんできちんとメンテ&部品交換していただき、元気になりました。
ちょっと音が固い部分があるので、今は大音量で鳴らす時間を多くしています。
   
アンプはアキュフェーズの中古、A-50とC-280Lです。
これも耳で聴いて決めました。
アキュフェーズとJBLはあまり合わないという話も聞きますが、いい音で鳴っているように思えます。
 

2015年に思い切ってCDプレーヤーを交換しました。
アキュフェーズのDP-550です。(写真はアキュフェーズのサイトからお借りしました)
試聴した時目から鱗というか、こんなにプレーヤーでCDの音が違うのかと驚きました。
レコードとは違うCDの音の良さ、というのを教えられた気がします。
 その他の装置
◆アナログプレイヤー DENON DP1300  カートリッジ  DENON DL-103
◆ブルーレイプレイヤー PIONEER BDP120






   since 2009 JAZZ DINING BAR Sweet Rain